業界最安値クラスの格安SIM【DMMモバイル】

 

 

DMMモバイルは、格安SIMの中でも最安値クラスと言われている「ザ・安い格安SIM」です。

 

ドコモ回線を使っている格安SIMで、とにかく格安SIMで月額料金を安くしたいのであれば、おすすめです。
ここでは、DMMモバイルがどんな特徴を持っている格安SIMなのかを紹介していきます。

 

料金は業界最安値クラス

 

DMMモバイルには1人で1枚のSIMカードを使う「シングルコース」と、
一度に複数枚のSIMカードを契約できる「シェアコース」があります。

 

[シングルコースの料金]

容量 データSIMプランの料金 通話SIMプランの料金
ライト440円1,140円
1GB480円1,260円
2GB770円1,380円
3GB850円1,500円
5GB1,210円1,910円
7GB1,860円2,560円
8GB1,980円2,680円
10GB2,190円2,890円
15GB3,280円3,980円
20GB3,980円4,680円

 

シングルコースでは、格安料金にて、20GBまでのデータ通信容量プランを選ぶことができます。

 

 

通信量を分け合えるシェアコースがある

 

通信量を複数枚のSIMカードで分け合う場合は、シェアコースが用意されています。

 

シェアコースでは、通話SIMとデータ通信SIMの組み合わせを最大3枚までで契約できます。

 

データ通信容量は使う月、使わない月があったりすると思うので、シェアコースは家族で使う場合などはかなりお得だと思います。

 

 

バースト機能で低速時もインターネットを使える

 

DMMモバイルの良いところに、バースト機能が備えられている点があります。

 

契約しているデータ通信容量を使い切ってしまった場合、ほとんどの格安SIMはデータ通信速度が200kbpsくらいに制限されてしまいます。

 

契約した容量を使いきってもデータ通信ができるのは良いのですが、かなり遅いのでホームページを見ることも厳しいです。

 

しかし、バースト機能があれば、最初の一定時間だけ高速データ通信でデータを読み込んでくれるので、軽いホームページくらいなら問題なく閲覧できます。

 

 

DMM光でさらに料金が安くなる

 

運営元のDMM.comではモバイルの他にも光コラボ回線も提供しています。

 

DMMモバイルとセットになっており、DMM光を契約するとDMMモバイルの月額料金も安くなります。

 

光回線を契約しておきたい方には、セットでの契約もおすすめです。

 

 

シンプルに安くしたい人におすすめ

 

DMMモバイルは安い上にしっかりとしたサービスを備えています。

 

「格安SIMはどれを選べばいいか分からない」というような場合には、選んでおいて間違いない格安SIMだと思います。

 

月額料金を格安SIMで安くしたいと考えている方は、一度検討してみてください。

関連ページ

ユーザー満足度が高いマルチキャリア格安SIM【mineo】
ユーザー満足度が高いマルチキャリア格安SIM【mineo】
安定したサービスを提供する格安SIM【ワイモバイル】
安定したサービスを提供する格安SIM【ワイモバイル】